top_carousel01_2400
開花情報 & 園内風景

2021/07/28

ヒマワリ開花状況(7/28)

ヒマワリ畑(450株、太陽の広場北側)が3分咲きになっています。
今週末には5分咲き、来週には見頃となるでしょう。
栽培しているヒマワリは、草丈2m以上、直径30cmに及ぶ巨大な花をつける大輪一重咲きの品種。
ヒマワリは漢字で「向日葵」、太陽を追って東から南、西へと運動を続けますが、この動きは若い時から蕾を付ける頃までです。花を咲かせる頃になると、東か西を向いて動かなくなります。
昭和の森のヒマワリは東向きの花が多いようです。

2021/07/26

アキノタムラソウ(7/26)

アキノタムラソウ(秋の田村草)が四季の道周辺で咲いています。
本種の学名は、Salvia japonica、日本原産のサルビア属の一つです。

2021/07/25

開花情報~ヒマワリ(7/25)

ヒマワリ畑(450株、太陽の広場北側)の開花が少しずつ進んでいます。見頃は今週末からと予想されます。
栽培しているヒマワリは、草丈2m以上、直径30cmにおよぶ巨大な花をつける大輪一重咲きの品種。
ヒマワリは漢字で「向日葵」、太陽を追って東から南、西へと運動を続けますが、この動きは若い時から蕾を付ける頃までです。花を咲かせる頃になると、東か西を向いて動かなくなります。昭和の森のヒマワリは東向きの花が多いようです。

2021/07/13

見頃の花(7/13)

【草本】ヤブミョウガ、ヤマユリ、ヒオウギスイセン、スイレン、アキカラマツ
【木本】ムクゲ、アベリア、シモツケ

ヒオウギスイセン(四季の道沿い)

ヤマユリ(下夕田池周辺)

アキカラマツ(下夕田池周辺)

スイレン(下夕田池)

ムクゲ(花木園)

アベリア(花木園)

シモツケ(花木園)

ブットレア(花木園)

2021/06/29

スイレン他の開花状況(6/29)

昭和の森・下夕田池では、スイレンの見頃が続いています。
池の土手では、ノカンゾウ(野萱草)の花が見られます。
ノカンゾウは、キスゲ亜科ワスレグサ属の多年草で、本州以南の野山に生育します。
似た種のヤブカンゾウは、八重咲きです。

下夕田池のスイレン

ノカンゾウ

ノカンゾウの群生

2021/06/17

アジサイの開花状況(6/17)

紫陽花園のアジサイは、見頃を迎えつつあります。
当園のアジサイは、ガクアジサイが多く、ホンアジサイ(手毬咲き)が少ないので、やや地味な彩りです。
今月末まで、見頃が続くと予想されます。

サイクリングコース沿い

紫陽花園、南側

紫陽花園・ちゅ

紫陽花園・北側入口付近

ガクアジサイ

2021/06/08

アジサイの開花状況(6/8)

紫陽花園のガクアジサイ、ホンアジサイ(手毬り咲き)の開花が進んでいます。
見頃は、6月半ばから下旬頃となるでしょう。
このほか市町村の森や太陽の広場などでもアジサイが見られます。

紫陽花園

アジサイ園入口付近

サイクルコース沿いのガクアジサイ

アジサイ園南側、開花やや遅い

太陽の広場東側 ガクアジサイ

2021/06/08

スイレンの開花状況(6/8)

昭和の森・下夕田池(しもんたいけ)のスイレン(睡蓮)が見頃となっています。
スイレンは、早朝に開花し午後2時頃から閉じ始め、午後4時過ぎにはほぼ閉じています。
花色は、白が最も多く、赤とピンクが少しあります。
花期は、4月下旬から10月頃までと長く、次々に花が咲き続けます。最盛期は6~8月。
【スイレンの花について】
温帯性(耐寒性)スイレンは、蕾が出現してから3~4週間後に開花します。
1つの花は、開閉を3日間繰り返した後、閉じた花は水中に沈み種子を作ります。

水に沈んだ花